おぼこ大将 小 笹目(彩色)


純金箔盛上彩色とは、素材の胡粉を筆で高く盛上げ、渇いたら漆を塗り、漆が乾ききらない絶妙のタイミングで純金箔を載せて最後に絵具で彩色し完成させる技法は、江戸時代の嵯峨人形にも用いられた伝統の技法です。